極の青汁|口コミで評判のサントリーの青汁を実際に試しました

野菜が苦手な私には、毎朝の食卓に欠かせないのが青汁。

だけど、毎日飲んでいると、味に飽きて「今日はもういいかな……」なんて思ってしまうんですよね。

そんな時に、実家の母から「美味しいから一度飲んでみなさいよ」とすすめられたのがサントリーの『極の青汁』。

TVCMなどでも見たことがあり、実は「どうなんだろう」と気になっていた青汁です。

極の青汁

今回は、新聞広告で見て注文した極の青汁の1週間分のお試しサンプルを送っていただきました。

コンパクトな箱で、ポストに入るサイズ。

日中、仕事で家を空けることの多い私には、留守でもポストに投函されているので助かります。

極の青汁

箱の裏面には極の青汁の簡単な説明が紹介されています。

私が「良いな」と思ったのは、美味しさへのこだわりはもちろんですが、素材へのこだわり。

サントリー極の青汁は、大麦若葉や明日葉など厳選した国産素材を使用しているのだそうです。

ドラッグストアやスーパーなどで売られている安い青汁の中には中国産の材料が使用されているものもあるのだとか。

もちろん、「中国産の野菜を使用しているから絶対に危険」と決めつけるのは良くないのかもしれません。

だけど、毎日飲み続けるものなので、厳選した国産素材というのは安心感があって良いですよね。

極の青汁

箱を空けると、フタの裏側には飲み方について簡単な説明が紹介されていました。

水の他、牛乳やお湯で溶かして飲んでも良いとのこと。

特に飲む時間に決まりは無いことなどが書かれています。

他の青汁と大きく異なる点はありません。

極の青汁

今回届いた内容は以下の通り。

・極の青汁 3.3g×7包
・極の青汁 (紹介冊子)
・サントリーウエルネスの紹介冊子

その他、定期コースの案内などが同封されていました。

ムダが無くコンパクトな内容です。

極の青汁

サントリー極の青汁の大きな特徴は、野菜ポリフェノールの一種である「ケルセチンプラス」が配合されていること。

ケルセチンは玉ねぎの皮に多く含まれるポリフェノールとして、最近注目されている成分。

ケルセチンにはエイジングケアに加えて、体リズムを整え、健康をサポートしてくれる働きがあるのだとか。

極の青汁には、このケルセチンの吸収力を120倍に高めた「ケルセチンプラス」が配合されているそう。

野菜不足を補いながら、エイジングケア成分をしっかり補えるなんて嬉しいですね。

極の青汁

サントリー極の青汁は透明フィルムの袋に並んで入っています。

袋には簡単な作り方が紹介されており、「水100ccで溶かすのがイチバン」とのこと。

100ccは少ないような気もしますが、まずは「作り方」通り作ってみようと思います。

極の青汁

サントリー極の青汁はスティック状のアルミパウチに入っています。

大きさはスティックシュガーよりもやや大きめ。

アルミパウチは指で簡単に切れるので、水さえあればいつでもどこでも飲むことができます。

旅行や外泊の際には、必要本数だけカバンやポーチに入れて持って行っても邪魔になることは無さそう。

極の青汁

サントリー極の青汁はサラサラとした濃い緑色の粒子。

よ~く見ると、白い粉末が混ざっているのが分かります。

原材料を見てみると、「オリゴ糖」とあったので、白い粉末はオリゴ糖かもしれません。

「飲みやすい青汁」「美味しい青汁」と謳っている商品の中には、砂糖や果糖、人工甘味料が使用されているものも数多くあります。

個人的には「いくら飲みやすくても、身体に害のあるものが入っているのでは本末転倒では?」という気もします。

オリゴ糖なら毎朝のスッキリにも良く、自然な甘さなので、糖分を気にせずに飲めるのが良いですね。

極の青汁

サントリー極の青汁は内容量が3.3g。

青汁の種類にもよりますが、私はちょっと少なめかな?と感じました。

粉末が少なめなので、薄いのではないかとちょっぴり心配です。

ドロドロに濃厚なのも飲みづらいですが、私は水のようにしゃばしゃばな青汁もちょっと苦手。

青汁というよりも、青汁風味の水を飲んでいるような気分になります。

極の青汁

サントリー極の青汁を100ccの水で溶かしました。

100ccなので量は少なめ。

冷たい水でもサッと瞬時に溶けます。

シェイカーなどを使わなくても、スプーンなどでかき混ぜるだけでキレイに溶けそうです。

もっと薄いサラサラの青汁ができるのかと思っていましたが、予想以上に濃厚。

本当に飲みやすいのかな?という気がしてきました。

極の青汁

実は私は水で溶かした青汁が苦手。

青汁を飲む時はいつも、牛乳で溶かして飲んでいたんです。

しかし、サントリー極の青汁はまるで緑茶のような味わいで、水で溶かしても美味しい。

お湯で溶かして飲むと本当に濃茶を飲んでいるようで和菓子が欲しくなります。

甘さに頼らずここまで美味しい青汁は初めてかも。

青汁の青臭さも無く、ホッとリラックスできる美味しさです。

極の青汁

1週間、サントリー極の青汁を飲み続けました。

今までは「青汁飲まなきゃいけないな……、でも今日はちょっとお休みしようかな……」と休み休み飲んでいるといった感じ。

でも、サントリー極の青汁は朝起きて青汁を飲むのがちょっと楽しみになるような美味しさ。

もちろん7日間1日も欠かさずに飲み続けました。

極の青汁の1日の目安量は、1~3包です。

ちょっと量が少ない、またもっと飲みたいと感じる方は、3包飲んでいただいてもいいかもしれません。

また、不自然な甘さや香りがあるワケではないので、飲み続けても飽きの来なさそうな風味も魅力です。

飽きっぽい私ですが、サントリー極の青汁なら長く続けられるのではないかと思い、早速1か月分を注文しました!

これから毎日飲むのが楽しみです!

極の青汁

私は今回、新聞広告を見て7日分が届いたのですが、通常は、webサイトからサントリー極の青汁が30包入っている商品が買えるようです。

私は1日1包飲んでいるので、注文した1ヶ月分がこれに当たります。

続けることが大事な青汁だからこそ、約1ヶ月分で売られているんでしょうね。

飲んでみて納得です。

極の青汁

>>> サントリー 極の青汁を試してみる【送料無料&20%増量&青汁シェーカープレゼント】